新規でお店を開店する時に居抜き物件を利用するメリット

新規開店で最も大事なことは初期投資額を少なくすること

新規にお店を開店する場合、最も大事なことは初期投資を少なくすることです。例えば自分で店舗を建てると建設費がかかりますが、中古の店舗を購入すれば安くすみます。なぜ初期投資を少なくした方がいいのかというと、新規開店直後はお客がなかなか集まらないことが多いからです。少なくても半年ぐらいかけないと固定客がつかないのです。そうするとその期間を少ない収入で持ちこたえる必要があります。そのためにはお店の購入費のローンの支払いや、家賃などを少なくした方がいいのです。

賢い店舗物件の探し方は居抜き物件を見つけること

初期投資を少なくするためには店舗物件の探し方が重要になります。狙い目は居抜き物件です。居抜き物件というのは、前に経営していたお店の中身をそのまま残してある物件です。キッチンの設備や空調設備や客席のテーブルや椅子などがそのまま置いてあるのです。居抜き物件を購入すれば、新たに設備を導入しなくてもそのまま営業を再開できるというメリットがあります。多少の壁紙の張替や外観のリニューアルは必要ですが、初期投資額を少なくすることができます。

居抜き物件なら設備投資が不要で早く開店できる

その他にも居抜き物件にはメリットがあります。大きな改造をしなくてもいいので短期間で開店できるという点です。工事期間が短縮できるのでその分のコストカットができます。家賃というのは工事期間でも発生するので、早期に開店できるというのはそれだけ収入が見込めるので有利です。また業種によっては以前のお店のお客を呼び込むことができます。例えば同じラーメン店を開業すれば、前のお店のお客を顧客にできる可能性があります。新規開店で店舗物件を探すなら、居抜き物件を選択肢に入れるべきです。

店舗物件を選ぶ際には、様々なタイプの中から業種などに合わせて選ぶことがポイントで、魅力的な物件を見つけられます。