マンションの売値はどうやって決まるのか

しっかりと準備しよう

一生の中でも最も高額な買い物となるのがマンション購入です。そのマンションを売却することは、一生の中で最も高額な売却取引となるでしょう。取引完了後にもう少し高く売れたのではないかと後悔しないために、しっかりと準備をしてマンション売却に臨むことが重要です。しっかりと準備をするためには、まずマンションの売値はどうやって決まるのかを知る必要があります。売値の決まり方をしらなければ損をする恐れがあるほか、あまりにも高い価格を設定し全く売れない事態に陥るかもしれません。

売値を決める二大要素

マンションの売値は、そのエリアと築年数によって大まかに決まります。エリアによって相場がほとんど決まっているほか、築年数が経つほど売値は下がっていく傾向にあります。ただし、築20年以上が経過していれば、築年数は売値を決める要素に含まれなくなります。同じエリアにある築20年と築30年のマンションでは、ほとんど売値は変わりません。エリアの相場は不動産情報を閲覧することで、大まかに把握できます。築年数による売値の変動は、減価償却費を計算することで把握できます。

売値を決めるその他の要素

エリアと築年数のほかに、買主が見つかるかもマンションの売値を決める要素です。1年以上経っても買主が見つからない場合には、売値を下げる必要があります。売主がマンション売却をどれほど急いでいるかも、売値を決める要素となります。一般的に売却が全て完了するためには、3ヶ月から6ヶ月が必要です。3ヶ月未満で全てを完了させたい場合には、相場より低い売値を設定しすぐに買主を見つける必要があります。また、数日から数週間で取引が完了する買取を利用することも検討していいかもしれません。

マンションの売却は、仲介業者がキモなので多くの会社に見積もりを出して慎重に決める事が重要です、一括で見積もりを出すサイトがあるので利用したいです。また、売却した後のスムーズな引渡しを考慮したいです。