土地活用の最有力候補!?マンション経営に関するエトセトラ

マンション経営のメリット

利用していない土地の活用方法として、マンション経営を行った場合のメリットと言えば、真っ先に思いつくものが不労所得を得られるという事です。マンション経営は、各居室を賃貸してその賃料によって収入を得ようとするものです。一般的には家賃は毎月払いが基本なので、毎月定額の不労所得が得られるようになります。他にも、相続税対策としてマンション経営を行う場合もあります。初期投資額を借入すれば、その債務は相続時に控除の対象になるからです。

マンション経営のデメリット

マンション経営には、初期投資額がかなり高額になるというデメリットがあります。建築する建物の構造が鉄筋コンクリートであれば、賃貸物件としては人気の物件となりますが、初期投資額が最も大きくなります。逆に木造のアパートは、初期投資額は最も低く出来ますが、賃貸物件としては、壁が薄い等の理由で最も人気の無い物件だと言えます。また、賃貸にがいて初めて家賃収入が得られますので、契約が解除された場合はその部屋からの収入が無くなります。これは空室リスクと言い、マンション経営の最大のリスクと言えます。

賢いマンション経営のまとめ

マンション経営を行う場合、もちろん様々なリスクが内在します。そこにはリターンももちろん存在して、メリットもデメリットも存在します。もしマンション経営を真剣に検討するなら、どんな場合であってもかなりの額の投資になりますのえで安易に考える事無く、じっくりと検討する時間をつくりましょう。もちろんマンション投資のプロの不動産業者に相談する事も忘れてはいけません。始めるタイミングや、投資内容をじっくり吟味して、損の無いようにこころがけましょう。

マンション経営とは、相続税対策などでマンションを建てたり、一部屋を購入して貸し出して収入を得ることを言います。しかし初期投資やその運営管理など、様々な勉強もしなければなりません。